読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常と婚活と、ちょっとした幸せと。

アラサーシングルマザー、婚活して相談所とパーティーで2人彼氏ができるも決めかね、そもそも私って何?といい歳して自分探し的な人間活動を始め、その中で出会っためちゃくちゃ素直な大学院生を好きになり2人と別れました。その後、院生の彼から告白され年の差恋愛中。

婚活 〜銀行員さん③〜


初デートしてきました。


LINEからなんとなーく性格のイメージができていましたが、いい意味でほぼ想像通りでした。



・真面目。

仕事においても恋愛においても、とにかく真面目。女性慣れはしていない方だけど感情表現がストレートなので不器用というわけではない。



・女性を見る目は割とシビア

彼の場合、学歴やお家柄、職業などのステータスを見るわけではなく、自分と合うかどうか、自分をさらけ出せるかどうか、自分を認めてくれる人かどうか、これらを重要視している気がします。ステータスの方にはほとんど価値を感じていない模様。


彼の過去の恋愛は多い方ではないけど、付き合う時も別れる時もきちんと考えて自分で決断を下していました。何かが一定のラインに達していないとわかればズルズル付き合い続けることはなく、相手のためにも即決する方のようです。



・仕事熱心。

この熱心度は予想を上回りました。

感情がストレートに出る方なので、スマートさには欠けるんじゃないかなと思っていましたが(こういうの益若好みです)、きちんと数字で結果を出しておられました。成績はずっとトップ。誰も成し遂げたことのない結果も生んでました。

これらの情報は彼が自発的に話したわけではなく、今まで生きてきて自慢できることは何?と質問したところ、少し考えてから照れながらポツポツ話してくれました。

決めた目標は必ず成し遂げる、と並々ならぬ強い意志をお持ちで、目標達成のためなら手段は選ばない人なのかな、なんてちょっと不安になりましたが(いくら仕事ができても冷たい人は好きじゃない)、話を聞いていると、どうやら成功の秘訣はひたむきな誠実さでした。

実に彼らしい。



・どんな時に幸せを感じるか

仕事で結果を出して給料に反映されればそれはもちろん嬉しい。でもそれは『幸せ』とは違う。

日常の、なにげない瞬間に幸せを感じる。たとえば、何話すわけじゃないけど家族と食事してる時とか、友達と出かけた時とか、特別ではない、普通の時。


と話してくれました。


・・・・・私のブログタイトルかよ!!



すべてをわかりきったわけじゃないけど、考え方から感じ方、お金の使い方まで好感が持てました。



最後に、私の気持ち。


正直まだわからないです。


彼は、私と娘の日常を見て、面白いな、いい親子だなって、一緒に笑ってくれるかな。


娘が悲しんでいたら、その事柄に共感できる人かな。


彼は本当にいい人だった。人格者で、調子いい時も驕り高ぶることはないし思慮深い。あんなに出来た男性、久々に会った。


前の私なら、ほぼ確実に、なんとか好かれようとしてただろうな。

でもそれって、もし選んでもらえたら自分の価値が上がったような気がするからで、彼を好きなんじゃなくて自分を好きってこと。


好感度と好きになる気持ちは比例しないんだなー。


別れたあとの、


さっき会ったばっかりなのにもう会いたいよ(^_^;)


なんてLINEにはきゅんきゅんしましたけども(笑)



まーゆっくりね。自分らしく、オープンマインドで過ごしてみようと思います。