読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常と婚活と、ちょっとした幸せと。

アラサーシングルマザー、婚活して相談所とパーティーで2人彼氏ができるも決めかね、そもそも私って何?といい歳して自分探し的な人間活動を始め、その中で出会っためちゃくちゃ素直な大学院生を好きになり2人と別れました。その後、院生の彼から告白され年の差恋愛中。

B型の男③



うぃっしゅ☆みらくるぱーま☆←なんのこっちゃ



B型の男の続きですが、早くも飽きてきました(爆)


なのでちょいちょいかいつまんで巻きでいきますと。


初夜ご飯

→お互いが住んでる駅の近くにある小洒落た居酒屋で。

バス男さんがよく行く店だと事前に聞いていたため、もう実家にお邪魔する嫁気分で突撃となりの晩ご飯。

案の定店長が私を見るなり口を『おっ』の形にしてバス男さんをニヤニヤ。(こういうの嫌いじゃない)


海鮮が美味しいお店で、店頭のショーガラスにはイカが泳いでいました。

イカはお店のオススメということでイカの刺身を注文。

だが店員『すみません、イカはもう売り切れでして…』

益若『残念。じゃあ違うのにしましょ』

バス男『でもそこ(ショーガラス)で泳いでるじゃないですか』

益若『あれはそういう用じゃないんじゃ(笑)』


本気なのかウケ狙いなのか益若にはわからず。


この後も、どんなリアクションを求めてるのかわかりかねる言葉が続きました。

でも今から思えば多分、


すごーーーーーーい!!!


を求めてたんだろうな。


でも生田アナと出身大学が同じで同窓会で会ったとか、この地がとある有名女優さん出身の地で中学の時生徒会で一緒だったとか、なんだろ、『すごい』のベクトルがバス男さんと益若では違ったんだろうなと思います。


あと、このご飯は2時間半くらいだったんですが『なぜかというと』という台詞を20回は口にしてました。


こちらが質問したことに対して、


「それは○○です。『なぜかというと』」


てな具合に。もう、立て板に水とはこのことかと思うほど流暢に、そして丁寧に説明してくれました。

なぜ生徒会に立候補したのか

なぜ今の職場を選んだのか

なぜあの大学を選んだのか

ということを、一回につき10分くらいかけてね。


とにかくバス男さんがずっとしゃべってくれてました。


でもね。


会話ではなかったな。(´・_・`)


緊張してるのかな、慣れてくれば違うよね、と益若は考え、また今度ご飯でも行きましょうねと話しました。


ですが、これを機に毎日きていたラインがこなくなり、

かと思いきや夜中の2時に、益若さんは今お付き合いしている方はいらっしゃいますか、とラインがきていたり。(いたらご飯いってねーわ)


で、週末映画を観に行きましょうと約束したんですが、時間の30分前に熱が出たとドタキャン。


フォローあるかなーと様子見してましたが、『先日はすみませんでした。体調はだいぶよくなりました。益若さんも風邪には気をつけて』的な連絡だけで、映画には触れられず。


もう終わったなーと察しつつ運命だと思い込んでいたのでラインのやりとりはちょくちょくしちゃってました。


ドタキャンから一ヶ月くらいそうしてたんですがこれはもう脈ねーわと悟り音信不通に入るも、年明け、夜中の2時に、


『あけましておめでとうございます。去年は突然お声がけしてしまい誠に申し訳ございませんでした』



と、新年の慶にお詫びをトッピングした謎ライン。


なんなの?丑の刻が大好きなの???(違)


まぁこんな感じで、


タイプです、とか一目惚れですとかいってすごいグイグイアプローチしてきて、彼らの中にある何かを出し切ると(下ネタじゃなくてね)、完全燃焼したかのようにスーーーッと引いて行く。


というパターンが一年間で5人いらっしゃり、皆さん揃いも揃ってB型だったんですよ。


私の中身にもきっと問題あるんでしょう。そこは反省しつつこれからに生かしますが、こんなことが繰り返しあったため、B型男性が若干苦手です。同性の友達はB型多いのに、不思議。



で、ですね。こっからが本題。


銀行員さん。


ライン交換してから初のラインで、こう仰りました。


『益若さんは話しやすいのもありますが、可愛いなぁって、一目惚れ感も実はあります』


益若、実はしっかり見てました。パーティーで用意されていたプロフィールの血液型欄。


銀行員さん、B型。



だからね、もうおっかなびっくりなんです。


こんなブログ書いてる間にもチラホラ問題が出来してます(爆)

まぁ、益若が勝手に不安になってるだけなんですけどね。


うん。



腐らない。



をテーマに、婚活頑張ろうと思います。婚活は自分との戦いじゃけぇのぅ!!←誰や