読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常と婚活と、ちょっとした幸せと。

アラサーシングルマザー、婚活して相談所とパーティーで2人彼氏ができるも決めかね、そもそも私って何?といい歳して自分探し的な人間活動を始め、その中で出会っためちゃくちゃ素直な大学院生を好きになり2人と別れました。その後、院生の彼から告白され年の差恋愛中。

それ目当てか。(-_-)



先日ホワイトキー初参戦の記事をアップしましたが。


4組のカップル誕生とのことで、幸いにも私、その4組に入れてました。しかも第一希望の方と。

カップリング結果報告の封筒あけた時は嬉しかったなー。

お相手は、小さい頃からスポーツに本気で取り組んできた高校教師さん。


で、昨日その男性と会ってきた。


結果、


ホ   テ   ル   に   誘   わ   れ   た。(爆死



もーほんとにね。こういうの、いらないんだよね。

それ目的で近づいてくるとか時間の無駄だからやめてほしい。やっぱパーティーより相談所だなー。良い人だと思ったんだけどなー。


ではでは、


こういう男には気をつけろ!!〜自分への戒め編〜


をお届けしたいと思います。


ご飯一軒目。

高校教師さんの行きつけのお店にて。

お互いの境遇を話し合い、彼もバツイチでお子さんがいることが判明。一気に親近感アップ。元奥さんを陥れるようなことを言わなかったのも好印象でした。

あとは、ご両親の話や今までスポーツがんばってきたこと、教師という今の職業のこと、婚約していた彼女がいたこと、破談になり1年ひきづったことなんかを、話してくれました。ここでは至って真面目。


二軒目。カウンターバーにて。

この辺から様子おかしくなりました。

なんかの会話の拍子に、「おっぱい大きいよね?」と。

彼のすごいところは、そんなことを言ってもなぜかいやらしくなく憎めないとこだね。耳を疑いつつ、酔ってたのもありうまい切り返しができず「はぁ…」と真顔になる私。

そんな私に彼は果敢に攻めてきます。

「付き合う?」


…かるっ(-_-)

お前それ、絶対、「突き合う?」の方だろ、と内心で悪態をつく私。


三軒目。歌いたくなってカラオケへ。

カラオケへ向かう道中から店内でも、ちょいちょい「つきあおうよ」を織り交ぜてきます。

さらさら笑顔で交わしつつ、1時間で退出。


四軒目。彼の友達が経営しているバーへ。

もう店仕舞いということで、その彼の友達(オーナーと呼びます)含め三人でウィスキーバーへ。

高校教師、寝だす。

その間私はオーナーと話し込む。

トイレに立って戻ってきたら高校教師起きてる。

3人で話すも下ネタオンパレード。

オーナー「普通男性は女性の前でこういう話しませんけどね。でも、高校教師さんは話しちゃうんですよ。」

高校教師「そう。話しちゃう」

私「へー。」


オーナー、明日も仕事だから、とのことで解散。


高校教師「じゃあ、ホテルいこうか」

私「いかないよね」

高校教師「じゃあどうするの?」

私「帰るし」

さっさと駅へ向かう私。

高校教師、駅まで送ってくれるも、「もう連絡しない」とか言ってる。


私はその辺割とお堅い方なので、変な情が沸くこともなくあっさり電車に乗りました。


はー。なんか疲れたな。


ということで、それ目的の人ってほんと、振る舞いに出ますよね。悪い人じゃないんだけどね。まぁ、引っかからないよね。


今日はこれから別の人とスタバでお茶ですが、いやー、昼間にお茶って、健康的だな。(笑)


スタバの彼がそれ目的オーラを出してきませんように。。。



はー、疲れた。


(´・_・`)