読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常と婚活と、ちょっとした幸せと。

婚活開始から1年2ヶ月、彼氏ができました。"腐らない"をモットーにこれからも人間を磨いていきたいと思います。

冷静に好き。



マドモアゼル田中。←意味はない



f:id:cjxa:20160914011205j:plain


前の記事で、この気持ちはなんだろう?と思っていた益若ですが。


昼間、なんでもない時にふっと会いたくなったり、あぁ〜ありがたいことなんだなぁって急に感謝の気持ちがこみ上げてきたり。


なんか多分、『恋』っていうか、『好き』なんだろうなって。


顔、性格、年齢、身長、スタイル、センス、学歴、職業、勤務先、年収。

人を選ぶ条件は色々あって、自分基準で条件が良いと浮かれて好きになったりすることもあった。

これが、恋。


不思議と条件があまり気にならず、隣にいて安心できる、普段の自分でいられる、優しくなれる。

これが、好き。


っぽいです。よくわかんないけど。



『恋』って、恋に恋してる感じありませんか(笑)

相手の一挙手一投足に喜んだり悲しんだり、それは相手を好きだからに違いはないんだけど、実はそういう疲れる状況が好きだったりする。恋愛の醍醐味だもんね。

彼に対しては、そんな魔法がかかったようなような感じはありませんが、例えば『恋』が可愛いコンペイトウだとすると、『好き』は日常なんです。

f:id:cjxa:20160914013442j:plain



意味がわからなくてすみません(笑)

恋は甘くて特別なものって感じですが、好きは特別というか日常。

恋は非現実的で魔法がかかるけど好きは現実にある。

日常と現実を、恋という魔法で夢みたいに過ごすのもいいけど、小さい幸せと愛めいたものをふっくら感じてじんわりするのもいいなって。



うん。


まー、人として好ましいってことだな。冷静に好きなんだ。うゆ。



てか、好きのテーマ写真が現実的すぎたぜ(笑)