読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常と婚活と、ちょっとした幸せと。

アラサーシングルマザー、婚活して相談所とパーティーで2人彼氏ができるも決めかね、そもそも私って何?といい歳して自分探し的な人間活動を始め、その中で出会っためちゃくちゃ素直な大学院生を好きになり2人と別れました。その後、院生の彼から告白され年の差恋愛中。

デート結果



パーティーでカップリングした彼とデートしてきました。


いやー、前回のご飯では暗くてよくわからなかったけど、昼間晴天の中で会う彼は山ピーでした。山ピーにラルクのハイドさんを薄く混ぜた感じ。か、か、かっこいい、、、(滝汗)


緊張ゆえ手に汗を握りながらまずは映画館へ。


開場前に着いたのでフロアのソファに座って待っていると、私たちの前にいたお客さんが財布から小銭を落としたらしく(益若は気づかなかった)、彼改め山下さんがスッと席を立って小銭拾ってあげてました。

優しい。。。こういうの自然にできる人に弱いです。


映画のあとは山下さんお勧めのケーキ屋さんへ。

そこで美味しいケーキと紅茶をいただきながら、生い立ちやら家族の話、ペットの話なんかをしました。

良い流れだったので、課題にしていたシングルマザーであることも告げました。

山下さんの反応。

娘がいることには、


あ、そうなんだ!


と至って普通。


年齢きかれて答えたら、


えっ!!?!?


と驚いてました。(笑)


そして、四歳の頃から3桁の暗算ができていた山下さんが、


私が何歳の時に娘を産んだかの逆算にかなり時間をかけていました(爆)


でもそれを知ったからといって山下さんの態度は特に何も変わらず。安心しました。


それからも、どんな恋愛をしてきたかとか仕事の話なんかをしてケーキ屋さんを退店。予定通り美術館に行き、夜景を見てその地を後にしました。


ここまで益若、お財布からお金が減っていません。


なんかね、美術館は山下さんの勤務先のおかげでVIPカードみたいなのがあってお金はかからなかったんですが、夜景にはなかなかの費用がかかって。夕飯位はご馳走させていただこうと息巻いていましたが結局半分も出させてもらえず。


でも、山下さんは私が楽しそうにしている顔をすごーーーーく嬉しそうに見てた。本当に、それだけでもう充分、って声が聞こえてくるくらい顔に出ていました。


終電より少し早いくらいの時間に帰ったんですが、私の電車の改札まで送ってくれた山下さんがふと、そういえば結婚観の話とかしてなかったね、と。


け、け、結婚観・・・!?!?


ちょっとだけ立ち話したところによれば山下さん、本当に結婚したいらしく、婚活仲間までいるそう。


このあとよかったら電話で話しましょ、となり、結局3時間近く話してました。


山下さんのまとめ。


寂しがり屋で甘えたがりで褒めてほしがりで、なんていうかちょっと犬っぽい(笑)

そして真面目。外見でちょっとチャラっぽく見えるんですけど、次付き合う時は本当に最後にしたいから決めるまでに時間かかると思う、と話していました。電話では割と本音で話せたような気がします。

んー。

扱いやすそうでいいな、山下さん。


って感じです!


まぁ、彼が私をどう思ってるかわかりませんけど、私はもう少し知りたいかな。


あと、胸筋と腹筋と足の筋肉がやばかったです。服の上から触っただけですけどお腹、割れてました。

あ、誤解のないように言っときますが、さわりたーい♡とか言ってませんよ!さわってみて?と言われたから触ったんです!カッチカチでした!!(興奮)