日常と婚活と、ちょっとした幸せと。

アラサーシングルマザー、婚活して相談所とパーティーで2人彼氏ができるも決めかね、そもそも私って何?本当に結婚したいの?といい歳して自分探し的な人間活動を始め、その中で出会っためちゃくちゃ素直な大学院生を好きになり2人と別れました。その後、院生の彼から告白され年の差恋愛中。

うーーーん。



結婚が近づいてきています。丸の内さんとの。
だからこそ、考える。

あ、私旦那さんいなくても今の生活で十分幸せだな?
と満ち足りた気分になったり、
友達と会って多少気疲れした時に、家帰ったら気心しれた家族がいるってなんかいいな、
って憧れたり。
はたまた、
今まで過ごしてきた私と娘の二人の空間に今更他人がひとり混じるなんてイケるんだろうか、てかなんか嫌だ・・・
なんて後ろ向きになったり。

なんだろう、娘と二人でいる時間がリラックスしすぎてる。そりゃあ、色々あってクサクサする時もあるけど、それひっくるめてあの時間が大好き。
彼がいたらもっと楽しいだろうな、とは思わない、ふたりが一番楽しいと自信をもっていえる(爆)

はー。私本当に結婚したいのかな??
単に他人から、結婚=幸せ者、って見られたいだけだったりしないかな?

結婚がしたいのか、幸せに生きていたいのか。
結婚しても不幸せな夫婦は沢山いる。
だから結婚さえできればいいんじゃなくて(←こんな思想は離婚を招くだけ)、自分にしか感じられない自分だけの幸せを見つけられたら、その幸せ人生の延長上に、自分にとって必要な誰かがいるんじゃなかろうか。
もちろん、その誰かはいなくても全然OKで。
だって自分だけの幸せを見つけている人は一人でも幸せなわけだから。

と、ここまで考えて、じゃあ結婚相談所という自然ではない出会いの場の選択が間違ってるじゃねーかというそもそも論に発展しそうになるが相談所は相談所でとっても有意義だったし相談所という経験があったからこう考えられるようになりましたからね。

ということで、まずは自分が何に幸せを感じるのか、自分探求だな。
二人の彼氏とは、付き合ってはいるけど友達という感覚で。
フラットな状態を保ちながら見ます。