日常と婚活と、ちょっとした幸せと。

アラサーシングルマザー、婚活して相談所とパーティーで2人彼氏ができるも決めかね、そもそも私って何?本当に結婚したいの?といい歳して自分探し的な人間活動を始め、その中で出会っためちゃくちゃ素直な大学院生を好きになり2人と別れました。その後、院生の彼から告白され年の差恋愛中。

この人だ!と思うまで

 

院君のことは、初めて会った時から懐かしさとか癒しとか愛しさとか切なさとか心強さを感じていました。

f:id:cjxa:20170427220806j:plain

 

でもまさか恋とは思っておらず、すごいな〜、こんな風に思える人いるんだ、前世とかバカにしてたけど本当にあるのかもな。

f:id:cjxa:20170427221442j:plain

 

みたいに、心をちょっと大きく揺さぶられたけどそれだけで、新たな自分発見!くらいにしか思ってませんでした。 (なかなか大きい発見だったことには後から気付くんですが)

 

この人だ!の糸口を掴んだのは、初対面のあと初めて2人でご飯に行ってしばらく経ってからでした。

夜、布団にくるまっていたら唐突に、院君が死ぬ時は傍にいたい、

 

 

看取りたい

 

 

と思ったのです(爆)

看取りたい、て。

察するに、彼は本当に尊敬できるし、深くて濃い人生を歩んでいてこれからもそれは変わらないんだろうなと思ったら、彼が危篤の際にはその他大勢のひとりでいいから一言、お疲れ様と言いたい・・・!→看取りたい

に発展したんでしょうね。年齢差からいって

 

確実に私の方が先に死ぬんですけどね。

 

 

この辺りから、院君に抱く感情と他の人たちに抱く感情の違いが浮き彫りになっていき、その後またご飯に行きまして(あれれれ?の記事)、自分が良い方向に自分らしくいられることや、一緒にいない時でも心が常に優しくあたたかい状態でいることに気付き、

 

この人だわd( ̄  ̄)

 

となりました。

細かいこと言えば、会話の波長が合うとか年下なのに甘えやすいとか、院君にはポジティブな感情しか出ないとか、他にも色々あるんですけどね。

 

やっぱり、

・自分自身に戻れた

・自分にも周りにも良い影響が出てる

これが大きいのかなぁ。

なんか、とにかく今は安心してます。

やっと決まった…みたいな。

 

結婚はわからないけど、お葬式には行きたいなぁ。そういう間柄でいたい。